top of page
  • 執筆者の写真Kyohei Hayakawa

スズランのネックレス 3Dデータ



依頼されたフルオーダーで制作中の3Dデータが上がってきました。

スズランが上品に揺れるネックレス。





デザイン画をもとに職人が細かい箇所を調整しながら、このような立体のデータを制作します。

実際に出来上がった時の形をイメージし、美しいフォルムを表現。


今回も良い感じで出来ています。

あとはバランスと着けやすさを調整。

データが決定すると貴金属の原型として落とし込み、手づくりでの作業に入ります。


現在はこのような3Dデータでの原型作成が主流となっています。

パソコン上ではあっても実際にジュエリーをその手でつくってきた職人でなければ、細かいつくり、最適な厚みや太さ、仕上がりの美しさはイメージできません。

ジュエリーをよく理解している職人だからこそ、デジタルの力とともにさらに良い作品が生むことができます。

お客様に喜んでいただくため、美しいジュエリーをつくるための大切なプロセスです。


bottom of page