top of page
  • 執筆者の写真Kyohei Hayakawa

フルオーダーのデザイン スズランのネックレス

更新日:2022年1月27日



今回は友人からフルオーダーの依頼。

20代後半になり、大人の女性へのステップとしてエレガントさもある特別なネックレスをつくりたいとのこと。

希望は......


◆宝石は誕生日である1月の誕生石、ガーネットを使用したい。

◆テーマは「二面性」。可愛らしさと大人の女性、どちらも表現したい。

◆デザインははっきりと何かの形にするよりも抽象的なイメージのものが良さそう。ただ、せっかくであれば好きな花であるスズランも入れてみたいという思いもある。


というものでした。



まずは宝石。

ブルー系が好きということなので、今回は青色のガーネットである

「ベキリー・ブルー・ガーネット」にしました。

この石は光の環境によって赤系の色にも変わる「カラーチェンジ」の特徴も持ち、美しい色と輝きを放ちます。

主に小さいサイズでしか見られない稀少石でもあるので、あまり大きい石を使いたくないという彼女には、美しさとサイズ感のバランスの取れた宝石です。

使用する石には内包物が見られますが、彼女は「天使のような模様に見える」と、そこに愛らしさも感じています。




そしてデザインはこのようになりました。

頂点は左右対称で落ち着いた愛らしいデザイン。

そこから反時計回りに、華やかに流れる曲線を描きました。

ガーネットを包み込むような「静と動」、「愛らしさと優雅さ」、「二面性」の流れ。

曲線のフォルムはその丸みによってイメージが変わります。

今回はエレガントさのバランスを大事にしたラインです。


そして下には上品に揺れる立体的なスズラン。

周りの色石は、ピンク・サファイヤ、アメシスト、ペリドットを使用。


愛らしい少女の心から、優雅な大人の女性の姿勢へ。ピンクと紫はその流れを表現。

ペリドットは太陽を表し、その光で成長してゆく彼女を輝かせます。

凛としたスズランは、その気品と美しさの象徴。

花言葉である「純粋」「幸福の再来」は、彼女を守り続け、幸福へと導く魔法の言葉。


デザインにはそのような物語が込められています。



石とデザインを職人へ送り作製を開始。

途中で細かい部分を確認しながら、最高の形を求めていきます。

このようにして、美しいジュエリーが生まれます。


bottom of page